あると安心、ないと不安
園長も職員も、ドライバーも、預けた親御さんも安心!

車室内をカメラでモニター & 映像録画

大型バス、マイクロバス、1BOXバスなどのすべての通園用園児バスのタイプに対応した、12V/24V対応で録画もできる車室内映像確認システムです。

最大4個の夜間でも見ることができるカメラを車室内天井などに設置して、4個のカメラ映像を同時に運転席に設置したモニターで1画面、2画面分割、4分割画面などで確認することができます。
運転席や前方席からは視認することが困難な後方席の状況を設置したカメラを通じて運転席のモニターで確認することができます。

目視では目が届きにくい後方の園児などの様子を常に確認することができ、置き去り防止や、園児の体調の異変などへ早く気付き、対応することができるようになります。

ドライバー席から後方席をカメラとモニターで確認できます。
SOSボタンを設置することで、LEDフラッシュライトや警報音で車外にSOS発信できます。
ワゴン車タイプのカメラ設置例
マイクロバス、大型バスのカメラ設置例

AIアルゴリズムで車室内の人物を検知

予防安全技術を応用した、AIによる人物認識アルゴリズムでシートに座っている人物はもちろん、姿勢を崩して寝落ちしている人物や、床に崩れ落ちて寝落ちして、運転席からの目視では死角になっている人物もAIで検知します。もちろん録画も可能です。

通園バスに乗車している時間は平均60分前後が多いと言われています。大人でも辛い時間になります。ポカポカ陽気や日当たりの具合、お疲れの時などは、小さなお子様は寝落ちすることも多くなると思います。
最大4個のカメラのAI処理された映像を運転席に設置したモニターで確認できます。車室内の置き去り防止に貢献いたします。

AI人物検知アルゴリズム搭載。
ドライバー席から後方席をカメラとモニターで確認できます。
SOSボタンを設置することで、LEDフラッシュライトや警報音で車外にSOS発信できます。

2022年12月発売予定。

優日堂からのお願い

埼玉県川口市で園児バスを運行されている保育園、幼稚園などの園職員やご父兄のみなさまへ。
優日堂ではAI人物検知技術で車室内の園児を検知する実証実験にご協力いただけるご施設を募集しております。
大型バス、マイクロバス、1BOX(ハイエースベースなど)のいずれか、または全部をご所有されているご施設にご協力いただきたく、どうかお願い申し上げます。

実証実験の内容

各車種1台ずつ。
複数のご施設も可能です。
車種によって、2個から4個の小型カメラとAIユニット、モニターなどを車室内に設置させていただきます。
実際の送迎時にAIによる園児の検知ができていることを確認させていただきます。
期間はご相談させていただきたいのですが、1週間から2週間程度を予定しております。
実証実験終了後の車室内は元の状態に復元させていただきます。
詳細はご面談時にご説明させていただきます。

ご協力/お問合せ

下記お問合せページより、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。

お気軽にお問い合わせください。090-1050-5159受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問合わせ

お気軽にお問い合わせください。090-1050-5159受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問合わせ